ジャンルで探す

エリアで探す

地図

キーワードで探す

イベントを探す

    日付指定

ジャンル /

自然

エリア /

南会津町
古町の大イチョウ (ふるまちのおおいちょう)
周囲を黄金色に染める、樹齢800年以上の巨木。

古町の大イチョウは、南会津町の伊南小学校にある樹齢800年以上という巨木です。樹高35m、幹周り11m、根周りは16mという大きさで、福島県の天然記念物に指定されています。
その起源は12世紀末。源頼朝からこの地を下賜された会津四家の1人、初代河原田盛光が居館を築き、重臣を住まわせた際に庭樹として植えた…と言われています。かつては乳の神として信仰され、群馬県や新潟県からも多くの参拝者が訪れたほどでした。
紅葉が始まる10月から11月ごろは、特に見ごろの時期。一面を黄金色に染める姿は、神々しいまでの美しさです。古町の大イチョウは地域の人々とともにときを重ね、現在もその大きな幹に歴史を刻み続けています。

ライトアップされ、黄金に輝く大イチョウ。

周囲11mもの幹から伸びる、たくさんの枝葉。

基本情報

お問合せ先 南会津町観光物産協会 伊南観光センター
TEL : 0241-64-5711
FAX : 0241-76-2215
ホームページ http://www.kanko-aizu.com/miru/540/
所在地マップ
周辺スポットマップ


大きな地図で見る

只見町ブナセンター

軽飲食 ゆめ・ya

只見スキー場

山正商店

まんさく