未来に残していきたい奥会津風景写真コンテスト

柳津町、三島町、金山町、昭和村、只見町からなる奥会津五町村地域には、秘境ローカル線である只見線 のある風景や、未来に残していきたい自然とそこに暮らすひとびとの営みがあります。
あなたの自由な感性で「只見線のある風景」と「奥会津の風景・ひと」の一瞬を切り取ってみませんか?

※募集は終了致しました

応募部門

只見線のある風景 部門
奥会津の風景・ひと 部門

賞品

グランプリ
審査員賞,入選
審査結果:2019年2月 受賞者に直接ご連絡するとともに、本ホームページ上で発表いたします。

審査員

審査委員長/大久保 義人(おおくぼ・よしと)
審査員長からのメッセージ

秘境奥会津に山河あり。
豊かな里山の幸と四季折々の自然の中で、頑なに生きる人々との新たな出会いに。奥会津さ、来て下され!


審査員長/大久保 善人(おおくぼ・よしと)

風景写真家

1953年伊達郡川俣町生まれ。福島県内のみ撮影の風景写真家として活動し、県の観光ポスターやパンフレット等にも多数採用される。
写真愛好会への講演活動も行っている。
査委員長/星 賢考
審査員/星 賢孝
(ほし・けんこう)

奥会津郷土写真家

奥会津と只見線を専門に年間300日撮っており、国内だけでなく台湾等海外からも注目される。
霧幻峡の渡し舟の復活、浮き球△野球球団「奥会津オロチ団」団長を務め、地域振興にも精力的に取り組む。
審査委員長/志賀 薫
審査員/志賀 薫
(しが・かおる)

元奥会津地域おこし協力隊

新潟市生まれ、新潟大学教育人間科学部芸術環境創造課程卒。写真を故大東正巳氏に師事。 平成27年4月から3年間三島町で暮らし、よそ者目線の奥会津の写真で作品展を毎年開催。奥会津写真家集団「写好景嶺」所属。

お問い合わせ

奥会津五町村活性化協議会事務局
〒969-7511 福島県大沼郡三島町大字宮下字宮下350 三島町町民センター 奥会津振興センター内
TEL:0241-48-5525 FAX:0241-48-5575 メール:webmaster@okuaizu.net

バナー バナー