ジャンルで探す

エリアで探す

地図

キーワードで探す

イベントを探す

    日付指定
協議会

『シビックプライドと奥会津らしさを考える』~紫牟田伸子氏×奥会津地域で活躍する若者によるオンラインセッション~2/11(木)

211_講習会チラシ-1

“シビックプライド”という言葉をご存知でしょうか?

自分たちのまちは、自分たちでつくるという考え方が、いま改めて見つめなおされています。『シビックプライド』の著者の一人である紫牟田伸子さんをお招きし、奥会津地域で活躍する若者とともに、奥会津の特色や可能性を考える講座を開催します。

 

□タイムテーブル

14:00 開会・主催あいさつ

14:05 基調講演『シビックプライドとは何か』紫牟田 伸子

15:05 パネルセッション『シビックプライドと奥会津らしさを考える』

16:00 閉会

 

□スピーカー紹介

紫牟田 伸子 Future Research Institute代表取締役/編集家

美術出版社、日本デザインセンターを経て、2011年より個人事務所を設立。「ものごとの編集」を軸に企業や社会・地域に適切に作用するデザインを目指し、企業や地域の商品開発、ブランディング、コミュニケーション戦略などに携わる。主な著書に『シビックプライド:都市のコミュニケーションをデザインする』『シビックプライド2【国内編】:都市と市民のかかわりをデザインする』(監修・共著、宣伝会議)『日本のシビックエコノミー―私たちが小さな経済を生み出す方法』(フィルムアート社)など。

 

老沼 潤 虫の知らせ研究所 所長

福島県金山町在住。20代から世界8ヶ国、日本3周の旅をする。その中で1番気に入った金山町に5年前に移住。築100年の古民家を購入して妻と3歳の息子と3人暮らし。冬場はスキー場などでアルバイトをして最低限の現金収入を得て、春から秋は田畑で米や野菜を作り、山で山菜やキノコなどを採り、薪ストーブ用の薪を作り、自宅を改修して、自給自足的な生活を楽しむ。東京都町田市出身、1976年生まれ。

 

酒井 治子 合同会社メーデルリーフ代表社員

2019年3月まで一般社団法人只見町観光まちづくり協会に11年勤務し、只見駅での観光案内や農家民泊での教育旅行受け入れを担当。国内旅行業務取扱管理者。小さなころから只見線が好きで、現在は、只見線地域コーディネーターとして学習列車や只見線被災箇所のガイドとして活動。福島県のおもてなし事業で週に1度、只見線で車内販売と観光案内を行っている。1980年只見町生まれ。

 

石井 重成 一般社団法人地域・人材共創機構代表理事/釜石市

経営コンサルティング会社を経て、東日本大震災を機に岩手県釜石市へ移住し、地方創生の戦略立案や官民パートナシップを統括。各地の中間支援や組織開発を支援し、都市部企業との共創を通じた持続可能なまちづくりを推進。総務省地域情報化アドバイザー、内閣官房シェアリングエコノミー伝道師、青森大学客員准教授。

 

□参加方法

参加費:無料

参加方法:オンライン配信の視聴(要事前申込み)

申込み方法:下記3つの方法より事前申込みをお願いします

※申込み期限2月8日(月)

※当初、会場での視聴ブースを設ける予定でしたが、新型コロナウィルスの影響を鑑み、完全オンライン配信としました。ご理解・ご協力のほどよろしくお願いします

 

①申込みフォーム

QRコードより、申込みフォームに必要項目を記入してください

 

QR

https://forms.gle/xuPpkBS3ohdsnpe76

 

②メール

下記内容を記入の上、メールしてください

氏名・住所・所属・連絡先(電話番号・メールアドレス)・メールアドレス

メール送信先:webmaster@okuaizu.net

 

③FAX

氏名・住所・所属・連絡先(電話番号・メールアドレス)・メールアドレス

FAX送信先:0241-42-7127

 

□お問い合わせ

只見川電源流域振興協議会

福島県大沼郡金山町中川字居平933番地(奥会津振興センター内)

電話0241-42-7125/メールwebmaster@okuaizu.net

 

□個人情報の取り扱い

ご記入された個人情報等は本事業の実施のみに使用し、回答者本人の同意なくしては第三者に提供いたしません。

 

本事業は只見川電源流域振興協議会「奥会津未来づくり人財育成事業」の一環で、一般社団法人地域・人材共創機構(受託者)が企画・運営するものです。

「電源立地地域対策交付金」により実施されています。