■午前6時受付 R352滝沢登山口(国道脇)で式典 ■テープカット・お神酒・赤飯サービス ■先着400名様に記念品プレゼント ◆会津駒ヶ岳◆日本百名山/うつくしま百名山/花の百名山/新花の百名山に選定 会津駒の略称で親しまれている会津駒ヶ岳は、雪が解けてゆくと駒の形に見える残雪部分が現れることが山名の由来です。頂上とその稜線は草原のようになっており、木道が敷設されている場所もあります。山頂から北北西の中門岳方面への稜線には池塘が多く、高山植物を多く見ることができます。 2007年8月30日に尾瀬国立公園の一部として新たに国立公園に指定されました。 標高は2,133mで一等三角点「岩駒ケ岳」は標高2,132.4mに設置されています。南東に田代山、帝釈山、女峰山、男体山。南に日光白根山。南西に燧ヶ岳、至仏山、平ヶ岳。西に中ノ岳、越後駒ヶ岳。北に丸山岳、会津朝日岳が見渡せます。 古くから信仰の対象の山であり、檜枝岐村、南会津町伊南地域には駒嶽神社があります。 <見ることができる花> ショウジョウバカマ、アズマシャクナゲ、イワカガミ、イワイチョウ、ハクサンシャクナゲ、チングルマ、ハクサンコザクラ、タテヤマリンドウ、ワタスゲ、コバイケイソウ、キンコウカ、ミヤマリンドウ、イワショウブ、ミヤマキンポウゲなど SAF(福島県スキー連盟)公認のスラローム、ジャイアントスラロームの大会です。会場の尾瀬檜枝岐温泉スキー場では、毎年熱戦が繰り広げられます。 ※開催日時は未定です。尾瀬檜枝岐温泉観光協会のHP等でご確認ください。 檜枝岐村内を出発し、ふくしま遊歩道50選に選ばれた沼田街道などを歩きます。御池、沼山峠など通るルートを使い大自然の中をウォーキングします。大自然と温泉、郷土料理で檜枝岐村を満喫して下さい! 自然界の至宝「尾瀬」を歩く 9:30からお神酒・赤飯を振る舞い、先着200名様に限定タンブラーをプレゼント! ※今年のノベルティーはmont-bell製です ■午前6時受付、R352御池登山口(御池駐車場奥)で安全祈願祭 ■俎嵓山頂で10時から正午まで先着600名に記念品プレゼント
■赤飯、お神酒のサービスあり
燧ヶ岳 尾瀬国立公園内にあり、至仏山とともに尾瀬を代表する山です。 東北地方最高峰(2,356m)であり日本百名山/東北百名山/うつくしま百名山に選定されています。 登山口は柴安嵓(2,356m)、俎板嵓(2,346m)、赤ナグレ岳(2,249m)、ミノブチ岳(2,234m)、御池岳の5山からなりたっており、何れかの登山口から 燧ケ岳山頂を目指すこととなります。御池と尾瀬沼から登ると俎板嵓に、尾瀬ヶ原から登ると柴安嵓へ最初に登ることになります。 燧ケ岳は2等三角点を持つ山で、三角点は俎板嵓(マナイタグラ)にあり、標高は柴安嵓(シバヤスグラ)の方が10メートル高いです。御池と尾瀬沼から登った場合は柴安嵓まで登らないと最高点到達にはなりません。

福島県スキー連盟および福島県桧枝岐村が主催するクロスカントリースキー大会です。

小学生以上参加可能です。競技はクラシカルとフリーがあります。クラシカルのみの参加は可能ですが、フリーのみの参加は出来ません。

お申し込みは12月11日(金)必着となっております。開催概要やお申し込み様式などは尾瀬檜枝岐温泉観光協会ホームページよりご覧ください。

自然界の至宝「尾瀬」を歩く 9:30からお神酒・赤飯を振る舞い、先着200名様に限定タンブラーをプレゼント! ※今年のノベルティーはmont-bell製です ■午前6時受付 R352滝沢登山口(国道脇)で式典
■テープカット・お神酒・赤飯サービス
■先着400名様に記念品プレゼント

◆会津駒ヶ岳◆日本百名山/うつくしま百名山/花の百名山/新花の百名山に選定

会津駒の略称で親しまれている会津駒ヶ岳は、雪が解けてゆくと駒の形に見える残雪部分が現れることが山名の由来です。
頂上とその稜線は草原のようになっており、木道が敷設されている場所もあります。
山頂から北北西の中門岳方面への稜線には池塘が多く、高山植物を多く見ることができます。
2007年8月30日に尾瀬国立公園の一部として新たに国立公園に指定されました。

標高は2,133mで一等三角点「岩駒ケ岳」は標高2,132.4mに設置されています。
南東に田代山、帝釈山、女峰山、男体山。南に日光白根山。
南西に燧ヶ岳、至仏山、平ヶ岳。西に中ノ岳、越後駒ヶ岳。北に丸山岳、会津朝日岳が見渡せます。
古くから信仰の対象の山であり、檜枝岐村、南会津町伊南地域には駒嶽神社があります。

<見ることができる花>
ショウジョウバカマ、アズマシャクナゲ、イワカガミ、イワイチョウ、ハクサンシャクナゲ、チングルマ、ハクサンコザクラ、タテヤマリンドウ、ワタスゲ、コバイケイソウ、キンコウカ、ミヤマリンドウ、イワショウブ、ミヤマキンポウゲなど ■午前6時受付、R352御池登山口(御池駐車場奥)で安全祈願祭
■俎嵓山頂で10時から正午まで先着600名に記念品プレゼント
■赤飯、お神酒のサービスあり

燧ヶ岳
尾瀬国立公園内にあり、至仏山とともに尾瀬を代表する山です。
東北地方最高峰(2,356m)であり日本百名山/東北百名山/うつくしま百名山に選定されています。

登山口は柴安嵓(2,356m)、俎板嵓(2,346m)、赤ナグレ岳(2,249m)、ミノブチ岳(2,234m)、御池岳の5山からなりたっており、何れかの登山口から 燧ケ岳山頂を目指すこととなります。
御池と尾瀬沼から登ると俎板嵓に、尾瀬ヶ原から登ると柴安嵓へ最初に登ることになります。
燧ケ岳は2等三角点を持つ山で、三角点は俎板嵓(マナイタグラ)にあり、標高は柴安嵓(シバヤスグラ)の方が10メートル高いです。御池と尾瀬沼から登った場合は柴安嵓まで登らないと最高点到達にはなりません。 檜枝岐村内を出発し、ふくしま遊歩道50選に選ばれた沼田街道などを歩きます。
御池、沼山峠など通るルートを使い大自然の中をウォーキングします。
大自然と温泉、郷土料理で檜枝岐村を満喫して下さい!